キャンペーン情報やお役立ちコラム

こんにちは!大学受験、高校受験対策の学習塾、名張理数研です。1週間ぶりのブログ更新となりました。台風も過ぎ、相変わらず名張は何事もなく過ぎました。災害には本当に強そうですね。

 

さて、名張理数研は来年度へむけ、さらにバージョンアップをすべく様々な施策を講じていきます。現時点でも定期試験で400点以上を安定して取ってくる生徒は多数いますが、一方でそうでない生徒も一定数います。また中間層の数は非常に少ないです。逆に言うと中間層を上位層へもっていくことには成功しているとみることができます。学力が伸び悩んでいる生徒に共通する課題は、「学校の副教材や課題をうまく活用しきれていない。」ということです。弊所に来ている塾生の学習時間は塾に来ている時間だけを考えても、学習時間が少ないということは考えにくいです。であれば、オーバーワークであることを考えなければいけません。その子にとっては学校のワークですら負荷が強すぎるとみるべきです。学校の課題だけで肉体的にも精神的にも手一杯なのかもしれません。

そこで、まずは来年度へむけて学校の副教材や課題のフォローや学習管理をしていくシステムを構築していきます。これまで以上に学習効果は上がるでしょうが、運用面の問題や経営的にはコスト面の問題もでてくるかもしれません。まずは本年度中にモデルケースを設定し、課題抽出し対策を講じたのち来年度より本導入という形になります。

 

問題があればやり方を変えていく。当たり前のことですが、意外と難しいことです。これには自分の弱点や課題を直視する必要があります。次に行動を起こすことです。うまくいかないかもしれません。でも行動を起こす以外にないのです。そしてこの考え方は、勉強にも通じる部分があります。今回できなかったところを、どうやったら次できるようになるかな!?塾の先生に聞く?お父さんやお母さんに聞く?それとも自分で一生懸命調べる?どの方法でも良いですが、必ず行動を起こしてください。それがみなさんがバージョンアップをする唯一の方法だと思います。

さて、こうやって塾の問題点を外部へ堂々とさらしてしまいましたが、それは自信の表れでもあります。この問題点はかならず克服できるものだと。そしてより進歩できるものだと。

 

そしてただなんとなくではなく、ここじゃなきゃダメなんだと感じてきてくれている生徒たちが増えてきました。実にありがたいことです。そんなみなさんを目標到達まで全力でサポートしていきます。そばに昇英さんや英数さんのような大きな塾もあるなかで、当塾を選んできてくれているだけでも素晴らしい眼力ですし、自分で考えるという力が備わっているなによりの証拠でもあります。

その他大勢の人に勝とうとしたとき、その他大勢と同じことをしていては、そこより上に行くことは極めて困難です。そのために創意工夫が必要です。それはみなさんだけでなく、私たち教える側もそうです。創意工夫は常に怠らないようにしていきたいものです。

今日よりも明日少しでもバージョンアップしているように・・・