キャンペーン情報やお役立ちコラム

こんにちは!名張市にある高校生、中学生のための学習塾、名張理数研です。

 

名張理数研では、私が実際に授業を行うことはそれほど多くはありません。映像教材なども用いますが基本的には自学自習スタイルです。その理由は、分かっただけでは問題が解けるようにはならないからです。例えば、野球好きの少年がプロ野球やメジャーリーグに試合を毎日熱心に観戦し、プロの技術を毎日のように観察しています。しかし、当然ながらそれだけではプロ野球選手になることはできません。実際にグランドで体を動かしてこそです。

勉強に関しては、その観察するだけにとどまっている人があまりに多いといえます。基本的にはみなさん演習不足です。それは一見成績のよい子たちでもそうです。数学などは顕著で、「数学は自信があります!」なんて言って入塾してくる子で、本当の意味で数学ができている生徒を見たことがありません(笑)。逆に数学がまったく分からないんですと言ってくる生徒は意外と磨けばどうにかなるかなと感じさせてくれる生徒もいます。

その理由は受験数学においては公式の暗記、その使用パターンをできるだけたくさん身に着けておく必要がありますが、それに加えて数学の各項目の概念の理解が必要なのです。しかしながら、それが十分に揃っていない生徒がほとんどだからです。概念の理解というのは、個別の命題に対して、具体的な解法を模索し、さらにそれを抽象化、一般化をしていく作業になります。つまりその時用いた解き方を、ほかの問題でも適用できるようにする作業になります。そしてこれは、数学の各単元をまたぐことも多いです。つまり問題を自分で解かないとなかなか完全には理解ができないということになります。多くの生徒は公式と解法パターンの暗記でとまっているのです。そして公式をただ覚えているという状況なため、応用が利かない。問題の雰囲気が変わると対応できないといったことになります。したがって演習といっても、やみくもにたくさんの問題を解きまくるわけではありません。良問をじっくりと解くことです。そしてそれを何度か繰り返すことです。名張理数研では、授業は重要視せず、良問演習をしっかりとやっていく塾です。

具体的にどうすればよいかについてはまた後日お話します。