キャンペーン情報やお役立ちコラム

高校生向けの英語の長文読解の授業で分詞構文が出てきて、解釈に苦戦する人が多くいました。

文法問題での分詞構文というのは、主述の関係などを抑えていけばほとんど苦にならないはずです。ところが長い英文中で、分詞構文が出てくると、とたんに難しくなります。

その大きな原因は、文章を読んでいる最中に分詞構文への意識がないことが挙げられます。そして、もう一つはまだまだ文構造を正確に取ることができないことも原因として考えられます。この文章では消去法的に分詞構文しか考えられない。という感覚持てれば、分詞構文がからむ解釈で迷うことはほとんどなくなるはずです。

 

名張理数研では、毎週土曜日に大学受験向けの長文読解講座を開講しています。センター試験では大問3~6で140点稼ぎ出します。そんな内容です。センター試験で英語を柱にしたい。そんなみなさんは是非名張理数研の体験授業へお越しください。