キャンペーン情報やお役立ちコラム

こんにちは。名張市にある大学受験・高校受験の個別指導学習塾、名張理数研です。今日も雨模様といった様子でしょうか。

 

先日、ツイッターでつぶやいたある中学校のテストの解の表記の仕方についてのコメント、「大きい順、小さい順など一定の規則性をもって表記することはマナーではないか」という学校の先生を擁護するような指摘に対して、ある人が「そんなマナーあるんですか?」とコメントを頂戴しました。ただ質問だけという無礼なコメントに真っ先に「いい年した大人が・・・」とは思いましたが、それ以上に「マナーがあるんですか?」という質問を、若者を指導する立場にある人間が発したことが最大の驚きでした。

ただ先方の主張を聞いていると、以前話題になった掛け算の計算順序は固定しなければならないという件について否定的な立場なのだということに気づきました。この点については私も大いに同意します。掛け算の順序なんか別にどちらでも良いはずです。しかしながら、私が指摘している点は、そういった論点ではありません。まさにマナーという言葉に象徴されます。このコメントをされた方はおそらくマナーの意味が分かっていなかったのでしょう。ひょっとするとマナーは法律のようなルールか何かと勘違いしているのかもしれません。それではマナーとはなんでしょうか?

 

マナーとは「他を思いやる言葉およびそして行動」です。別に必ずしも守る必要はありません。でも、これができない人が社会にでたときにどうなるでしょうか?数学のテストなのだから、テストでは当然OKにすべきでしょうが、子供たちにはマナーの部分も折に触れ指摘しなければなりません。誰かが指摘してあげないと子供たちは知らないまま大人になるのです。ある側面だけを切り取って、「数学的に誤りでないのに×にするなんてけしからん。」と短絡的に非難するのはやめませんか。学校の先生にだって意図があるのかもしれません。もちろん学校の先生にも非はあります。その意図が生徒に伝わっていない点です。もしかすると、私が考えるような意図などないのかもしれません。ただそれは無関係な第三者には分からないことです。であれば、この学校の先生の行動をまずは肯定的にとらえるのが普通です。まさにこれがマナーなのです。詳細な状況も把握してもいないのに、なぜ批判ができるのか私には不思議でなりません。

 

例えば科学の分野でもデータの表記の仕方にさまざまなマナーがあります。

① 1.28×10^-3 mol/L

② 0.00102    mol/L

この二つのモル濃度を比べたときに、どちらの方が濃いかすぐに分かりますか?とても分かりにくいはずです。

比較する場合はこんな書き方してそろえることが一般的です。

① 1.28×10^-3 mol/L

② 1.02×10^-3 mol/L

こう書くと一目で①の方が大きいと分かります。

同じことを表してるのだから、いいじゃないかとはならないのです。学問の分野においてもただ問題が解ければいいというわけではありません。誰かに伝えたり、見せたりしなければ何の意味もありません。出来る限り、見やすく分かりやすいものでなければなりません。みなさんが大人になって仕事をすることになれば、その仕事はみなさんが一番の専門家でもっとも詳しい人になります。そうなったとき伝える相手は、その仕事について何の知識も持っていないかもしれません。少なくともみなさんと同レベルの知識を持っている人は限りなくゼロに近いです。その人たちができるだけ分かるように表現することはマナーだと思います。自分だけが分かるような資料には価値がありません。それを学ぶのに、数学や理科は非常によい題材になるはずです。

 

途中過程をどうやるかはともかく、自分の仕事が相手に十分に伝わらなければやっていないのと同じです。したがって、表現の仕方には最大限注意してください。マナーなんて言い方をしましたがごく当たり前のことです。つまりマナーなんて当たり前のことなのです。「マナーなんてあるんですか?」などという問いが極めてバカげたものだということが分かると思います。