キャンペーン情報やお役立ちコラム

自分の性格にあった勉強法であることが大切

成績のいい○○くんがこんな風に勉強しているから、僕も同じようにしてみよう!非常に良い心がけだと思います。しかしながら、○○くんは相変わらずいい成績なのに、自分はというと大して変わっていません。こういうことは本当によくあります。じゃあそれがその子の頭が悪いからそうなっているわけではありません。ただやり方が自分にはあっていなかった。あるいは正確には真似ができていなかったということです。

 

勉強の必需品ノートについて

まず定期試験前にノートを見直しますか?あるいは受験勉強の際に、これまでの授業ノートがすべて振り返ることのできる状態になっていますか?もしこれがどちらか一方でも満たしていないのなら、ノートなんか必要ありません。時間の無駄です。ノートこれらのことが確実にできる人にとってはじめて有効になるのです。

 

ノートの意義と価値

授業の要点や難解な語句の意味などを端的にまとめたものがノートです。何か問題を解いているときに参照できるようなものでなければなりません。教科書を解読するためのカンニングペーパーといってもいいでしょう。すなわち自分が分かれば特に美しく書かれてある必要もないのです。よく本当にきれいなノートをつくる人を見かけますが、美しくつくることには価値がありません。よく考えてみてください。初学者のみなさんが教科書以上にきれいに十分な量の情報をまとめ上げることができるでしょうか。いくらノートが美しい人でもそのレベルには到達できません。であれば、教科書をもっと活用すべきではないでしょうか。

教科書の価値を見直せ

教科書は受験に必要なすべての情報が掲載されています。しかも大抵は一冊にです。教科書を使わない手はありません。多くの学生たちにとって、教科書に立ち返り学習をすすめることです。

 

教科書に直接書き込む

必要なことは教科書に直接メモをとることです。そこで書ききれない部分や、教科書にない補足情報などをノートに書き込めばいいのです。自分の性格にあった方法を模索してください。

ノートを取るべきかどうか・・・

試験前に自分のノートを振り返り、内容がしっかりとよみがえってくることができる場合は、是非続けてください。それがあなたに合った方法だと思います。しかしながら、試験前にノートを使いすらしない、使ったとしても授業の内容がよみがえってこないのならノートは不要です。普段から教科書にどんどん書き込みをしていくようbにしてください。すくなくとも一つ言えることは、結果がでないのなら、やり方は変えるべきです。