キャンペーン情報やお役立ちコラム

学習塾選びの前に、成績低迷の原因を突き止める

学習塾を選ぶ前に、成績低迷の原因についてよく考える必要があります。学習塾の体験会はその原因について、専門家から様々な見解を聴く機会ととらえてください。そして十分に納得した上で選択した塾での治療(指導)を受けるというようなイメージとなります。

 

成績が思うようにならない原因

では、成績が思うようにならない原因として考えられるものについてみていきましょう。

①学習時間の不足

これについては誰もが思う理由だろうと思います。ここであえて理由という言葉を用いたのは学習時間の不足は本当の意味での原因ではありません。なぜ学習時間が不足するのかについてもっと考える必要があります。

②学習する環境がない

中学生くらいになると自分の部屋もあって、そこに勉強机、TVゲームや漫画、そしてスマホ・・・。この環境で勉強しろ!というのが無理があります。少なくとも私には無理です。小学生までの間であれば、リビングで勉強するということも可能でしょうが、学年が上がるにつれて、それも難しくなってくるでしょう。つまり学習環境の確保はとても大事なことです。自宅は休息や娯楽の場でもあるので、別に学習する環境(学習塾,図書館など)を設けておく方が望ましいと思います。

③そもそも現状に満足している

中学生くらいの年代だと、「勉強なんてできなくても・・・」と思っていることも少なくありません。その原因というのははっきりしていて、周りと比べて、劣等感を感じてしまったということです。いわゆる自己防衛反応です。周りと比べること自体が意味がありません。現状に向き合って、次どうしていくかが重要です。これは我々指導者も対応を気を付けなければなりませんが、保護者の方もお子様との接し方には注意が必要です。テストの結果も何をどういう風に間違えたのかが大切なのであって、点数自体はそれほど気にする必要はありません。特に中学2年生までは点数にあまりこだわらないで結構です。

学習塾選びで大切な事

つまりいい学習塾というのは上記のような原因について逆のことをしている塾ということになります。具体的には以下のような環境がある学習塾がベストでしょう。

①毎日でも通うことができる。

学習塾はどこでも勉強する環境は整えています。であれば、出来ることなら毎日でも通いたいところです。そうすれば自ずと学習時間は増えてくるはずです。

②自習室がある。

これも学ぶ環境としては大切な要素です。

③テスト結果に対して原因を正確に分析することができる

たとえばテストの結果を見て間違えたところの解き方を指導する。これは普通のことです。なぜ間違えたのかをしっかり分析して、対策法についてまで伝授する学習塾はそう多くありません。面談の際にどんな価値観の先生なのかをよく観察してください。点数ではなく、解答の様子などから話をしている場合はそのような対応をしてくれていると思います。

④勉強ができるというのはカッコいいこと

サッカーや野球が得意な子は周りからカッコいいなぁと思われることが多いです。しかしながら、子供たちの社会の中では勉強ができることは、カッコいいことだとは思われていません。大人社会の中でも、依然としてそのような雰囲気もありそうです。我々もそうですが、保護者も含めて勉強できることが野球やサッカーができることと同じくらいカッコいいことだと子供たちに伝えてあげなければなりません。そのような先生に巡り合えるよう色んな学習塾を訪ねてみてください。私なんかはノーベル賞受賞者の山中教授はとてもカッコいい人だなぁと思います。