キャンペーン情報やお役立ちコラム

こんにちは!名張市にある大学受験、高校受験の個別指導学習塾、名張理数研です。今日は地域のイベント参加ずいぶんと日焼けをしてしまいました。日中は暑かったですね。日が沈むころは雷なんかもなっていました。

今日は学習塾や予備校にまつわるお金の話をします。

 

大手になればなるほど授業以外の経費が大きくなる

大手の学習塾は運営管理のためのスタッフの数も多いです。その分授業料も高くなる傾向があります。保護者にとっては本来関係ない費用まで負担させられているというとらえ方もできます。一方でスケールメリットが出てくる場合もあります。ただ少なくともたくさんの生徒を集めたり、講座を取ってもらわないと経営が成り立たなくなる可能性が大手になればなるほど高まります。

 

映像系予備校の注意点

大手の映像系予備校は、講座を一つ一つ購入するタイプが一般的です。必要なものをピックアップしてそれだけ受講するのであればよいのですが、例えば英語通期の講座を一つとれば英語は大丈夫なのかというとそうではありません。基礎英語(英文法)→英語総合(文整序や長文・作文)→入試実践問題集→センター対策→志望校別対策のように、英語だけで4つか5つ通期の講座を取ることを勧められますし、それを取らなければその予備校の英語の授業では受験対策としての内容としては不十分になってしまいます。これは意図的に細かく講座を分けているという面もあります。講座をたくさん撮ってもらうには、それだけでは不十分だと思わせる必要があるからです。たしかにその予備校で成果を出すのであれば、勧められた通りに受講する方が望ましいです。

ただ、予備校のすすめのままに受講するとなると、現実問題として、大学行くよりも高額な授業料になります。

 

名張理数研では総額表示

名張理数研では大学受験コース(高3からはじめる人向けのコース)では総額表示をしておりますので、提示の料金以上に費用がかかることはありません。また、この料金も1年生から3年間通塾した場合の授業料を基に算出しています。それに対して1年生からの入塾生は月額15,000円で受験がが終わるまで継続できます。なぜ他塾に対して、これほどまでに料金が安いのかというと、一つ言えることはよその塾がおかしいのです。名張地区にある映像系の大学受験予備校の場合、録画したものを見るだけですので講師のコストもそれほどかかるはずがありません。ですので、ウチが極端に安いのではなく、よそが高すぎるのです。

 

ひとつ保護者や高校生のみなさんに意識してほしいことは、大手だからって成績を上げてくれるとは限りません。たくさんのお金もかかります。それはウチに通ったで同じことです。ウチでも大変な金額を頂戴します。ただウチはすくなくともその5倍は価値のある仕事をします。ただそれには生徒さん自身の情熱も必要です。

高校3年生はこれからは死に物狂いです。ともに頑張りましょう。